大阪 東淀川区でパーソナルトレーニングができるスポーツジム

Just another WordPress site

*

スタッフ

仲辻 智則(なかつじ とものり)

仲辻

1976年4月6日生まれ
大阪吉祥寺鍼灸接骨院 院長
スポーツコンディショニング球武 代表

小さな頃から両親の影響もあり運動が得意で好きでした。
水泳、サッカー、野球、バレーボール、スキーと様々なスポーツを経験しました。どれも人並みに出来るようになりました。
中でもバレーボールは中学生から37才になるまで続けてきて、今は高校生の身体のケアとトレーニング指導を行っています。
サッカーや野球は小学生の頃やっていましたが、成長期に起こりやすい有痛性外頸骨症とオスグットになってしまい中学生から別のスポーツを選択せざるをえなくなりました。たまに母親のママさんバレーに連れていかれていたこともありバレーボールを選択しました。そこで良い指導者に出会い高校も奈良県では強豪の高校に入ることが出来ました。チームメイトには奈良県の中学選抜で活躍した選手ばかりでとてもレベルが高く、その中に入って三年間過ごせたことが今の私の土台になっているように思います。

ではなぜ今、接骨院とトレーニングジムかといいますと
小学生時代の成長期の障害に始まり高校生ではジャンパー膝から膝蓋骨疲労骨折をしてしまい、結構怪我に悩まされました。高校の恩師からは様々な治療所を教えていただきチャレンジしましたが結果はあまり出ませんでした。そんな苦い経験を活かせることはないかとまずはトレーニングについて学びそして治療について学びました。本当に早く治したいと思っている方に「とりあえずこれで様子を見ましょう」だけではもの足りないと私は思っています。ちょっとでも良くなるために、早く治るために家で自分で出来ることはないのか・・・早く現場復帰出来るためにやれるトレーニングはないのか・・・。そんなことをいちいち教えてくれる所はありませんでした。今では足首の捻挫は程度によりますが、ほとんどの場合受傷後すぐにでも運動療法を取り入れていきます。適切な方法で行えば治癒の速度をあげて再発予防になるのです。慢性疾患であればなおさらです。適切な運動は健康な身体を作ることに最も必要なんです。
だから私にとって接骨院とトレーニングジムは必要なセットになっています。
私の今までの運動指導の中で五十肩や膝痛等の方が痛みが消えてゴルフが出来るようになったとか、山登りに行けるようになったとかという声を頂くことが一番の生き甲斐になっています。
スポーツ選手には専属のトレーナーが着くことが当たり前になっていますが、私は一般の方の専属トレーナーになれればと思い今も七転八倒しながら頑張っています。

資格
・柔道整復師

実績
・運動指導歴20年
・高校男子バレーボールチームトレーナー6年
・スキー学校指導員2年

経歴
・1995年エグザス(現コナミスポーツ)アルバイトとして初めて運動指導開始
・1996年冬季のみ2年間スキー学校の指導員としてスキー指導
・1997年ニュージャパンヘルスクラブ入社8年間勤務
・2005年株式会社ききょう入社接骨院とトレーニングジム併設の大阪吉祥寺鍼灸接骨院に勤務
・2009年大阪吉祥寺鍼灸接骨院の院長に就任
・2014年株式会社ききょうから大阪吉祥寺鍼灸接骨院、スポーツコンディショニング球武独立

佐野 希威(さの けい)

佐野
1983年9月23日生まれ
スポーツコンディショニング球武 トレーナー

資格
・健康運動実践指導者
・JATI-ATI
・健康管理士

経歴
・コナミスポーツでトレーナーとして4年間運動指導
・スポーツコンディショニング球武で7年間運動指導

公開日:
最終更新日:2016/02/12